ラピュタの呪文を唱えていたおしとやかな美人ちゃん

2018.07.21.Sat.20:10
275:おさかなくわえた名無しさん:2011/10/04(火) 20:10:08.31 ID:VjZSNlJ8

この間、中途採用の新人の歓迎会があった。
若いおしとやかな美人ちゃんだったので、歓迎会も大盛りあがりだった。

美人ちゃんがお手洗いに行ったとき、だいぶ酔ってたから心配で、入り口の外で待ってた。

そしたら中から、「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・レトリーヌ」
ってラピュタのシータの呪文が聞こえてきた。(呪文あってるかな)

黙って聞いてたら「私、山育ちで目はいいの!」「ここはお墓よ、あなたと私の!」
とか、手を洗う音とかに紛れて聞こえてきた。

で、出てきて私を見た途端、
「バルンッ」とびっくりして近くの席のおじさんたちの中に転がっていった。

その弾みであるおじさんのカツラが外れ、美人ちゃんはパニックにw
「違うんですシータなんですあぁごめんなさい…こうかな?こうかな?」
って謝りながらカツラをおじさんの頭に戻そうと必死w

それを見てた、おじさんグループの男の人が吹いて、口から梅酒の梅が飛び出し、
ハゲのおじさんが拾って「姉ちゃん、これが飛行石か?」とww
美人ちゃんは「あぁもう…海に捨てて…」と恥ずかしがってましたw

関連記事
コメント

管理者のみに表示