近所の牛丼屋へ行った

2014.12.02.Tue.08:26
久しぶりに牛丼食べたくなったので近所の牛丼屋行った。
カウンターでもそもそと牛丼食ってたら、
隣に若いサラリーマンが座って注文を待つ間、ずーっと携帯電話で話してる。
店内に通る声で。

「うん、え? 今? 吉野家。そう、牛丼」
「好きなんだよ吉野家の牛丼」
「吉野家は豚丼より牛丼でしょ、やっぱ」

そんなカンジで携帯越しに会話してますよ。
店員も、そのサラリーマン以外の客全員も同じこと考えただろうけど、
明らかにここは松屋なんですよ。
サラリーマンの口から『吉野家』って単語が出るたびに、
牛丼咀嚼しながら「松屋!」って心の中で突っ込んでた。

で、そのサラリーマン、注文の料理が目の前に置かれたんで、
携帯切って、割り箸をパチンって割って、
「は?????」って息を吐いてボソっと一言。

「松屋だ」

さすがに噴いた。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 豊臣秀吉 | HOME | あたた »