喧嘩

2014.12.15.Mon.15:09
おれ「年齢確認のため、ボタンを押してください」
親父「ハァ?未成年に見えるのかよ?」
おれ「明らかに未成年に見える場合には、年齢を確認できる身分証を提示してもらってます」
親父「だ・か・ら、おれが未成年じゃないのは明らかだろう?」
おれ「当店・当チェーンでは販売時にボタン押下していただいた方に販売しています」
親父「俺の年齢なんて明らかだろう。お前が押せよ」
おれ「もし嫌でしたら外に自販機もありますから」
親父「タスポなんか持ってねぇよ」
ブチッ
おれ「だったらこのボタン押せよクソ親父!」
親父「客に向かって何だその態度は!?店長を呼べ!!」
店長「お客様、どうなさいましたか?」
親父「店長?ちょっと若すぎるんじゃないか?」
おれ「若いけど店長だよ。店長すんません、クソ親父がネチネチしつこくて」
親父「なんだその態度は!店長さん、いつもこの愚息が世話になっております」
店長「は?」
親父「なにか迷惑をかけてないでしょうか」
おれ「お前、が、今、迷惑をかけているんだよ」
親父「お前が年齢が明らかな客に対しても年齢確認するからだろうが!!」
おれ「お前だけ特別扱い出来るか馬鹿野郎ッ!おとなしくボタン押せば済んだ話だろうが!」
親父「誰のおかけでここまで大きくなったt(ry」
店長「ちょっと裏でやってくれないか?」
関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 節約法 | HOME | いたい »